あなたにゆいごん書は必要?

■財産になるものの大半は不動産になる。

■親の土地の上に、子供が家を建てている。

■同居している子供と、別居している子供がいる。

■子供の妻に、介護など老後お世話になる予定がある。(現在、世話になっている)

■配偶者がすでに亡くなり、自分が亡くなると複数の子供達が相続人となる。

■経済的、持病、障がいなどの理由から、子供の中でも得に財産を多く渡したい子供がいる。

■子供がおらず、兄弟姉妹が健在である。

■子供がおらず、兄弟姉妹には子供がいる。

■離婚をしており、それぞれに子供がいる。

■認知をしている子供がいる。

■もしもの時のペットの事が心配である。

 

 

いくつ当てはまりましたか?

1つでも当てはまるものがある方には、自分にもしものことがあった時に備えと、指示箋となるゆいごん書は必要になります。